獣医師様へTo veterinarians

只今の診察状況

18時30分まで診療中です

当院のCTについて

動物の体の中を外から見ることはできません。
しかし、CT装置により動物の身体の輪切りでの断面図を撮影し、より細かな内部構造まで視覚化することが可能となります。

当院では16列のマルチスライスCT(Brght Speed,GE社製)を稼働させ、数十秒〜数分での撮影が実現し、被ばく量も少なく、負担を減らしての撮影が可能となります。
撮影後、3D画像で解析することで細部まで診ることができます。

CT検査の有用性

頭部
水頭症、外耳炎・中耳炎・内耳炎、歯科疾患、腫瘍(脳・鼻腔・口腔・眼窩)、骨折
胸部
腫瘍(肺・腫瘍の肺転移)、胚葉捻転、気管虚脱、骨折
脊椎・脊髄
椎間板ヘルニア、腫瘍、骨折
腹部
腫瘍(肝臓、腎臓、脾臓、膵臓、副腎、膀胱、腸、リンパ節)、門脈シャント、尿路結石、腸閉塞・腸重積、捻転(胃、腸、脾臓)、消化管内異物

CT検査の流れ

  • ご予約は主治医さまからの電話でのお申し込みとなります。
    当院へ直接お電話をお願い致します。

    ご相談はこちらからどうぞ。

  • 身体が動くと画像がブレてしまい正確に画像を診断することができません。
    そのため、当院では全身麻酔下でのCT検査を実施しております。検査に先立って主治医さまに麻酔前検査をお願いしておりますので、ご協力をお願い致します。

    重複する検査をしない場合、費用を抑え、患者様の負担を減らせます。
    万が一、術前検査の実施がかかりつけの動物病院様で難しい場合は、当院で実施可能ですので、ご相談ください。

    麻酔前評価
    • ・血液検査(CBC・生化学検査・電解質)
    • ・胸部レントゲン(患部のレントゲンもある場合はお願いします)
    • ・そのほか、エコー画像や病理検査などございましたら、お持ちください。
    既往歴
    • ・ワクチン接種や麻酔薬、その他の薬剤によるアナフィラキシーショックなどのアレルギー反応がある場合は事前にお伝えください。
    • ・そのほか、現在治療中の疾患がありましたらお伝えください。
    検査当日の投薬
    休薬または継続投与をお願いする場合がありますので、薬の種類等を事前にお知らせください。
  • 事前検査の結果は、検査当日にオーナー様にお預けしお持ちいただくか、予めEメールやFAXにて情報・データ送信をお願い致します。

  • 以下の内容をオーナー様へ必ずご案内ください。

    ご予約の3時間前からの絶水、12時間前からの絶食をお願いしております。
    万が一、与えてしまった場合には、検査の延期をお願いする事がございます。その際には施設までご連絡下さい。

    現在飲んでいるお薬がある場合、検査当日の投薬指示を主治医様にてお願い致します。
    検査所要時間は内容により大きく前後します。検査日は時間に余裕を持ってご来院いただきます様、ご案内をお願い致します。

  • オーナー様には、ご予約時間までに直接ご来院いただきます。
    検査後、担当獣医師より主治医さまへお電話で結果のご報告を致します。

    以下についてご確認下さい。
    検査結果は「所見書・DVDデータ・薬剤使用リスト」を飼い主さまにお渡しし、主治医さまの元へお持ちいただいております。

    なお結果の配送を希望される場合には別途配送料を飼い主さまより頂戴しております。

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はLINEまたはお電話でお願いいたします。