診療案内Medical information

只今の診察状況

18時30分まで診療中です

当院の診療方針

各分野に精通した獣医師による、高度獣医療を全ての患者に

獣医療は日々進歩し、診断や治療の方針・方法は千差万別です。
そのような環境で現代のライフスタイルに最適化した獣医療を皆様に提供いたします。
一方的な提案にならず、オーナー様のご意見も尊重し、丁寧なインフォームドコンセントを意識して診療を行います。

また、これまで以上に頼りにしていただける病院になるため、医療設備の充実や知識・技術の修得に日々努めております。
それぞれの分野に精通した複数の獣医師と協力することで、医療レベルの向上に努め、患者様のために提供します。

一つでも多くのいのちを助けるために。

診療科目

画像診断科

レントゲン・CTや超音波などを利用して一見、我々の目には見えない体内の構造や状況を見える化し、診断をします。

レントゲン検査では、X線を照射し、透過率の差で各臓器での正常・異常を見分けています。
超音波検査では、超音波の跳ね返りや伝わり方を画像として表現し、胸に当てれば心臓の形状や内部の動き、血流や拍動の強さまでわかります。お腹に当てれば腎臓、肝臓、腸管、膀胱と行った軟部組織を診ることができます。

CT検査では、レントゲン検査と同様にX線を用いて、より小さな異常を発見できます。腫瘍(がん)や骨の異常など、とても小さな変化を捉えることができます。

症例紹介

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

循環器科/呼吸器科

超音波やレントゲンを用いて、主に心臓や肺、気管といった臓器を診ます。
検査は、聴診・触診・視診・胸部レントゲン・心エコー検査・心電図・血圧測定・CT撮影などを用いて現状の状態を把握し、一人ひとりに適した治療をご提案させて頂きます。

近年、人間と同様に動物の心臓病も早期から発見されるケースが増えてきました。
以前より元気がない・急に倒れる・咳が出る・ガーガーと音がして呼吸がおかしいなど、心臓や肺の病気に関係する症状は様々です。これらの症状が出てきた場合は、お早めに診察をしていただくことをオススメします。

また、こういった病気は、気付いた時には重篤な状態に陥っている場合がありますので、早期発見がキーポイントとなります。
そのため現在は症状が出ていなくても、定期的な検査を推奨しております。

症例紹介

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

エキゾチックアニマル外来

最近、飼育される機会が増えたエキゾチックアニマル。
ただ、犬猫とは飼育環境から体の構造まで全てが違います。
さらに、一口にエキゾチックアニマルと言ってもうさぎ、ハリネズミ、フェレット、鳥、爬虫類など種類も多様で、医学的に解明されていない情報も多いです。
それがゆえに、診察できる動物病院がそれほど多くないということが現状です。

エキゾチックアニマルの特徴として、弱った自分を出すまでかなり我慢する傾向が強いです。かなり病気が進行しているケースも少なくありません。そのため、飼育環境やご飯の量・頻度、飲水量、排便・排尿の量・頻度など日々の健康チェックがとても重要となります。

日々様子を見て行く中で、少しでも変化があればご来院・ご相談ください。

詳しくはこちら

症例紹介

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

歯科

人は毎日歯磨きをしますが、ご自宅にいる犬猫はどうでしょうか。毎日歯磨きされているでしょうか?
人と同じで歯垢はたまりますが、人とは違い、特に犬では歯垢が歯石に変化しやすい生き物です。歯石に変化すると日々の歯磨きやケアでは取り除くことができません。

歯石など歯科の症状として、口臭が気になる・元気がない・食欲がなくなったなどの症状がある場合は、ご来院・ご相談ください。

スケーリング処置は、患者様の安全のために全身麻酔をかけて一本一本の歯を丁寧に処置します。
また、歯科に何よりも大切なことはご自宅での「日々のケア」です。ケアに関してご不明な点や難しいことがありましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

症例紹介

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

皮膚科

皮膚病の原因は多種多様で、細菌や真菌の感染・ホルモンの分泌異常・代謝の異常・免疫反応の異常・腫瘍(がん)・生まれつきの体質などがあります。

例えば一見、ただの皮膚病に見えて、本当はホルモン由来で皮膚病になっていることも少なくありません。そのため、適切な検査と治療をする必要があります。
かゆみ・腫れ・脱毛・赤み・フケ・被毛のべたつき・発疹などあればお早めにご来院ください。

また、来院される際は、できる限り詳細に、ご自宅の環境や皮膚状態の変化やその時期、他院で処方されているお薬などを診察時にお伝えいただけると、より正確な検査や治療へつながります。

症例紹介

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

泌尿器科

超音波やレントゲン、血液検査、尿検査などを用いて、主に腎臓・尿管・膀胱・尿道といった泌尿器、そして前立腺・精巣・卵巣・子宮などの生殖器にも対応します。

おしっこが出ない・血尿が出る・尿の回数や量が増える・水をよく飲む・食欲がない・嘔吐をするなど症状は腎臓や膀胱での病気の可能性があります。
こういった症状がある場合は、ご来院・ご相談ください。

高齢の犬猫で多い慢性腎臓病や猫で多い膀胱結石など、泌尿器にまつわる病気は多く、これらの病気は定期的な検診で早期発見が可能です。
健康診断の際に超音波検査や血液検査による腎臓の状態チェックなどを行うことが推奨されます。

症例紹介

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

予防医療

「動物病院は病気にかかってから来る場所」という認識が近年、変化し「動物病院は病気にかからないために来る場所」になりつつあります。
病気にかからないための医療、つまり予防医療には、ワクチンや避妊・去勢手術、定期的な健康診断、一人ひとりに適した獣医師推奨のフードなどが含まれます。

獣医療レベルの向上により犬猫は現代では、寿命は20年とも言われています。しかし、人と同じく高齢になれば病気が見つかる可能性が高いです。
ですので、1日でも長く元気で健康な「小さな家族」でいてもらうために、予防医療を活用してもらいたい、そう我々スタッフは考えております。

症例紹介

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はLINEまたはお電話でお願いいたします。